読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

靴は売らない「シューフィット神戸屋」番外編

靴と足を見てもらいながら、
神戸屋さんとたくさんのおしゃべりをしてきました。

 

それを番外編として記載しておきます。

これまでの神戸屋さんのレビューはこちら

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

 

それでは、番外編スタート!

 

f:id:scude:20170227140505j:plain


以前、神戸屋さんは、海外から来た靴職人さんに
「なぜ日本の女の子は娼婦みたいな靴を履いているんだ?」
と聞かれたことがあるそうです。


というのも海外では、きちんとした教育を受けた人は
「足に合った靴の選び方」も教わるため、
裕福に見えるのに足に合っていない靴を履いている人が多いことが
不思議に思えたそうです。
男性の紐靴よりも、女性のパンプスの方が
サイズ選びがシビアなので、余計目についたのでしょうね。
かかとをパカパカとさせていると、目立ちますし。

 

日本ではみんなちゃんと教育を受けていそうなのに、
なぜ?と疑問を持つほど、
日本人の靴の履き方がおかしく見えたんでしょうが、
私自身、靴の選び方を教わった記憶がありません。


日本で靴が履かれはじめたのが江戸時代後期、
近代的な靴工場ができたのが1870年だそうで
日本の靴の歴史は、まだ150年弱。

 

f:id:scude:20170227135523j:plain

さらに日本の場合、学校指定の靴「上履き」を
小さいころから履いています。
むしろ、足が育つ時期に
一番足に慣れた靴が「上履き」ではないでしょうか。

 

靴は、足長サイズ×幅サイズとのバリエーションが必要になり
1つのデザインだけでも在庫は大変な数になります。
そのため、サイズぴったり合うことよりも、
効率よく靴を提供することを優先させてきた結果
靴の選び方がおろそかになったのではないかと個人的に感じています。

 

でも。
デザインが統一されているなら、子供ならなおさら、
このタイミングで、きちんと靴のサイズ選びが
教えてもらえるといいのにな、と思うのです。

今の自分のように、
靴の選び方を知らぬまま大人になって苦労する。

 

たとえ高級な靴を履いていても、
靴の文化を知る人からすると、
おかしな靴を知らずに履いていると見えてしまうのは
ちょっと悲しいですね。

 

 

さてさて。

だいぶ、話がズレてしまいましたが。
最初の「娼婦」発言の話に戻ります。

 

娼婦といえば…ということで、
こんなお話をしてくれました。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JP8YE15SL.jpg

(画像参照:Amazon | プリティ・ウーマン ディレクターズカット [DVD])

 

映画「プリティウーマン」で
一躍有名女優の仲間入りを果たした
ジュリアロバーツ。
彼女が演じた役が、娼婦ビビアン。

 

現代版のシンデレラストーリーとして人気の映画ですが、
映画の冒頭あたり、街で客を探すビビアンが
リチャードギア演じるエドに拾われたあと、
ホテルで「このあと、どうする?」と会話しているとき。

 

ビビアンは、ポスターでも履いている
ひざ上まであるニーハイブーツを脱ぐのですが。
ブーツがすぽっと抜けた瞬間、
その反動でベッドにひっくり返ります。

 


「ひっくり返るほど引っ張らないと脱げない
 足にぴったりのブーツを履いている、ということは、
 きちんとした教育を受けている過去が見える。
『何か理由があって娼婦をしているのかな?』
 とエドに思わせる伏線なのでは?」

と、神戸屋さんがおっしゃっていました。

 

思ってもみなかった靴屋さんの推察、面白いですね。


たしかに、どんなにビビアンを気に入ったとしても、
いくらお金持ちの道楽だとしても。
1週間の契約を申し込み、
大切な契約先との会食に連れて行く
なんてちょっとないかな、と私は感じていたので
なるほどなーと思いいました。


皆さんは、どう思いますか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

クリックいただけると嬉しいです。

靴は売らない靴屋「シューフィット神戸屋」その3

シューフィット神戸屋さんレポ3回目。
これまでのレポはこちらです。

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

 

さて今回は、足の測定の他に
中敷き調整も申し込んでいました。

 

持参した10足の中から、シュープレモのパンプスを選択。
さすがに4万近く出した靴、私にとっては高級品なので。



f:id:scude:20170219125932j:image
こんな感じで足の裏を立体的に支える感じ。
かなり詰めてもらいました。足を入れるとぎゅうぎゅう。

 

パンプスは足を押さえる範囲が狭いため、
「ぎゅっと足を包まれるけど痛くない」
くらいのサイズ感がよいそうです。
そうでないと足が前に滑ってしまうそう。

 

とくに私の場合は、足裏の筋肉がないため、
 しっかり踏ん張れず前滑りしやすい、
パンプスを履くには訓練が足りない足。
なので、いろいろ詰める必要があるのかなと。


あと、神戸屋さんから中敷調整を勧められたのは、
カロッツェリアホソノの靴。
こちらは22.5cmワイズC。

 

なぜ、ホソノの靴の調整を勧められたかというと
神戸屋さんでレースアップタイプの中敷をつくると
取り外し可能な中敷きになるらしく、
これだけでなくスニーカーにも入れられる、というのが理由。


ただ、レースアップやスニーカーでも
確かに足が泳いでいるけれど、
脱げはしないので次回に回すことにしました。


ちなみに、シュープレモの靴もホソノの靴も、
足と靴のボール部の位置が合っていないとできるという
ボール部の後ろに横にシワが入っていました。


f:id:scude:20170224011028j:image

f:id:scude:20170224011035j:image
(シワが見やすいように画像を加工しています)


でも、試着時に靴の横にできるシワに
気が付けるだろうか。。ハードルが高い。




パンプスの中敷きを調整中にも、
いろいろおしゃべりしたのだけれど、
特に印象的だったのが、
靴屋に期待しすぎてはいけない、ということ。


シューフィッターは、資格を取る際に
ふまず長なども測るように指導されるらしいのだけれど
靴屋で取り扱う靴には、そのデータがないらしい。
だから、そこを測ってもしょうがないし、しない。


あと、靴の履き心地というのは、
結局のところ本人にしかわからないから、
その人が「これでいい」と言ったら売ってしまう。

本当に合っている靴を履いたことのない人は
痛みがでても、「こんなものか」と思ってしまう。

だから、とにかくたくさん履いて、
自分の足に合う疲れない靴を
自分で選べるようになることが大切。

 

ちなみにサイズの合った靴を履くと、
靴の底が足裏にぴたっと付き、
靴を履いていないような感覚があるそうです。


サイズの他にもその靴のデザインが自分の足に合っているのか、
自分の足はどこが当たりやすいのか、
それは履き慣らしをしたら改善されるのか、
もしくは部分伸ばしで対応できるのか。
確認すべき点は盛りだくさん!
次に靴を買う時の試着の参考にするようにと言われました。

 

私のシンデレラシューズへの道のりはまだまだ遠い。
ただ、今後靴選びをしていく上でとても勉強になりました。

 

押さえるべき点をチェックしながら
自分にぴったりの靴を選んでいこうと思います。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

靴は売らない靴屋「シューフィット神戸屋」その2


f:id:scude:20170215112547j:image

今回も引き続き、
「シューフィット神戸屋」さんレポートです。

 

前回は、足の状態確認、
サイズ測定を行ってきたところまで記録しました。



測定後はさらに、
どうして色素沈着している部分が靴に当たるのか、
歩いているとき足がどうなっているのか
骨格模型と、筋肉の図解を見ながら解説していただきました。

 

こんな感じのものを使っていました。

 

https://www.towatech.net/images/product_images/000-0189_05.jpg

(画像参照:手技療法専門Towatech)


これ、すごくわかりやすい。
ここが痛いと言うと、こうなっているからだよと
骨格模型を動かして目で見ながら
痛みが出る理由を教えていただけるので理解が進みます。


 

靴って本来、正しく歩くための「道具」なんですよね。
メガネと一緒で、きちんと自分に合ったものでないと
体が壊れてしまう。

 

サイズを合わせた次に、デザインの選択が来るはずなのに
今は逆になっています。

 

f:id:scude:20170216194306j:image


難しいのは、メガネの場合、ほぼどんなデザインでも
視力を合わせたレンズを入れ込むことができるのに
靴は気に入ったデザインが
必ずしも自分の足に合うとは限らないこと。

 

さらに、サイズによっては、市販されておらず、
オーダーなど、高額になってしまうこと。

おそらく、幅狭足は増えているでしょうし、
インターネットなどで情報も行き渡り、
幅狭靴の需要は増えていくでしょう。
それに伴い、以前は高額だったメガネのように、
今後、靴の価格破壊が起きたりするんでしょうか。



さてさて。前置きが長くなりましたが
一通り足を見てもらったところで
持参した靴を見ていただく。

 


結論からいうと、全滅。

f:id:scude:20170216195018j:image

すべて高い靴ではないので、
買い直した方が良いだろうとのこと。
安物ばかりでお恥ずかしい。。


持って行った靴を見て、神戸屋さんが
「細い靴を探そうとしているのはわかる。
でも、全然合っていない靴よりも、
ちょっと合っていない靴の方が
足のトラブルが出やすいから
それで苦労しているんだね」と言われました。


少し前にシュープレモさんでオーダーしたパンプスは
前すべりしているのでそれも相談しました。
試着して、スタッフに見てもらって、調整までしたのに
合わない、ということは、サイズを間違っているのか。
また、試着会では22cmワイズAAも履いたのですが
明らかにきつかったことを伝えました。すると。
「試着会で買ったんだよね?見立てが甘いなぁ」と。(苦笑)


シュープレモさんはふまず長が長め(?)らしく、
私の場合、21.5cmワイズBではないかとのこと。
パンプスにできたシワを見て、
ここ(親指ボール位置の後ろ)に
横にシワができるってことは
ボール位置が合っていないってことらしい。

 

その場で(シュープレモさんの在庫がある!)
21.5cmワイズB、
22cmワイズAAを履き比べてみて、
やっぱり21.5cmワイズBだねといわれる。

 

それでも調整は必要だけど、
今持っている22㎝ワイズAより
手間をかけずにできるらしい。
うーん、悔しい。試着会で何度も確認したのに。

 

この「サイズ感」は、たくさん靴を履き比べて、
自分の感覚を鍛えならないとダメですね。
足への当たり具合や靴の中で滑っていく感じは
靴屋さんには見えないでしょうから。

 

シュープレモさんの他にも、幅狭パンプスで有名な
ショショットさんのパンプスも試着したのですが、
前滑りしていました。

これも、ジャストサイズは21.5cmワイズBではないか、とのこと。
ただし、ショショットさんはワイズBは作っていません。

 

私の足は、22.0cm、ワイズAですが、
もちろんメーカーによって、木型やデザインによって
使用する素材によってジャストサイズは変わってきます。

 

本当に靴のサイズ選びは難しい!


その3に続きます。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

靴は売らない靴屋「シューフィット神戸屋」その1

f:id:scude:20170213012601j:image

足に合う靴がない!
と、さんざん悩んできましたが。
もうしっかり足を見てもらった方が良いのでは?

という、当たり前の結論に至り
(散財する前にやれって感じですが)
あの「シューフィット神戸屋」さんに
行ってきたので張り切ってレポートします!



『靴は売らない靴屋』、
『予約の取れないシューフィッター』として
一部の方々には超有名な神戸屋さん。

良いお値段なので迷っていたのと、
とにかく予約が取れなくて
のびのびになっていましたが
とうとう!行ってきました。

 

私の靴、10足を持参して。


まずは、機械測定。
写真のようなデータカルテをいただけます。


f:id:scude:20170213014611j:image
まったく指がうつっていません。。典型的な浮き指…。
偏平足かと思っていたのですが、そうでもなさそうです。


その後は、足長・足幅・ふまず長などを測っていきます。

私の足を見たシューフィッターの西村さんが
「いろんなところが当たって色素沈着してるねぇ」と。


そうなんです!汚い足で申し訳なし!

 

ただこれ、某靴屋さんでは
全く逆のこと言われたんですよね。。
「あまり当たった跡がなく、キレイな足ですね」と。


そのとき「自分では汚いと思ってたけど、
そうでもないのかな?普段パンプスを履かないからかな?」
と思っていたのですが、
その靴屋に来る人たちの足が
どんだけぼろぼろかってことですよ、これは!

 

 

でもって足の中心点を見るときに、
西村さんに足を持たれたのですが、
「あー、薄いねぇ。足裏の筋肉が全然ないねぇ」と。

 

ダメ足で恥ずかしい。
で、ぎゅーっと握ると狭くなる。ええ、開帳足ですよね。

 

さらに、機械測定とは別に、
座って手作業で測定を行います。

 


西村さんによると、日本では立って
足に体重をかけた状態で測るのが主流ですが
海外では座って体重が50%かかった状態で測るそうです。


神戸屋さんでは、座った状態、
体重をかけた状態、足を浮かせた状態と
何度も測ります。


私の場合、体重をかけたときと
足を浮かせたときの足の周囲が
1.2cmほど違いました。
これは4サイズの開きがあるということ!

 


f:id:scude:20170214104447j:image
 

歩く、というのは、足が地に着いた状態と
浮いた状態を繰り返すこと。
私の場合、この動作を繰り返すたびに
足のサイズが4サイズも変化しているわけです。


たとえば、幅の広い方に合わせると、
足が浮いた時に靴がゆるくなり、
本来足指が入り込んじゃいけない
つま先の捨て寸部分にまで足が滑り込んで、
靴のいろいろなところが足に当たる、ということらしいです。


なので開帳足は、立った状態で測ったワイズで
靴を選んじゃダメ、とのこと。

 

その後はデータを見ながらの解説。
私の足は、22.0cm ワイズA。小さくて、狭い。

 

左右のボール位置はそれほどズレていない。
でも、左右ともに親指側と小指側で
高さに差があるので、
そういう形の靴を選ばないと当たりやすくなるとのこと。


これは靴底を見てみるとわかるらしい。
同じブランドでも、デザインによって靴底の形は異なるので
このブランドはおすすめ、とは一概に言えないそうです。


長くなりましたので、その2へ続きます。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

自宅で試着もできる「シュープレモ」

f:id:scude:20170208175651j:image

これまで「自分の予算の範囲」で

靴を検討してきましたが、

それでは自分の足には

どうにも合わないことを実感。


本腰を入れて探すことにしました。

 


そこで、候補に挙がったのが

「ショショット」と「シュープレモ」。

 

シュープレモは、サイズを指定すると、

その前後合わせて4サイズを送付してくれて

自宅で試着することができます。


それ以外にも定期的に試着会を行っており、

サイズ感に自信のない私は

スタッフがサイズを見てくれる

試着会の方に参加してみました。

 

 


f:id:scude:20170208175753j:image

会場に着くと、自分の前に

申告したサイズを含め、

サイズ違いの4足が目の前に並びます。

私の申告サイズは、22.0cm、A幅。


私の場合はさらに、

「これまでB幅までしか履いたことがないが

B幅で前すべりするのでAを履いてみたい」

と備考に記載しておきました。

そのため、22.0㎝A・B幅、22.1㎝A・B幅の

4足が最初に並んでいましたが、

それ以外の靴ももちろん試着できます。

 


f:id:scude:20170208175635j:image

最初に、申告したサイズを履き、

かかとをぴったり合わせます。

その状態で、かかとを上げて、

靴がきちんとついてくるか、

変な位置で靴が曲がっていないか、

(ボール位置が合っているか)確認します。


私の場合は申告サイズで問題ないとのことで

そのまま会場内を歩き回ってみます。

少しすると、前すべりしている様子。

かかとが抜けそうになります。


店員さんにそのことを伝えると、

パッドを用意してくれました。

 


シュープレモさんでは、何種類かのパッドが用意されていて

それも追加料金なしで中敷の下にいれて作ってくれます。


パッドを入れ、さらに歩き回って見ましたが、

なかなかぴたっとはきません。


そこで、22.0㎝AA幅も履いてみたのですが、

すると足の甲が食い込んでしまう。

店員さんもこれだとちょっと厳しいですね…

という反応。

 


f:id:scude:20170208175848j:image
というわけで、22.0㎝A幅で

パッドを2枚入れるのが、

私にはベストと判断。

カルテに書き込んで、試着会は終了です。


カルテはもらえるので、

その場で注文しても、後日WEBオーダーでもOK。

「ここまでしてくれたんだから、注文しなくちゃ!」

というプレッシャーがないのもいいところ。

 


ちなみに、会場には

オーダー見本やカラー見本があるので

後日オーダーするなら見ておくのもいいかも。

 

私は、後日webでオーダーしました。

 


f:id:scude:20170208175928j:image

届いたのが、このヌードカラーパンプス。


本当はヒール部分は本体よりも濃いピンクにする予定でしたが

革の在庫がちょうど切れたとのことで、

紺のキラキラに変更しました。


これ、普段使いでも、

結婚式の2次会でも使えて便利です。

 


ただ…


長時間履いていると前すべりする!


あんなに慎重に試着して、

店員さんにも見てもらって

部分パッドで調整までしたのに!

 

本当に靴選びは難しいです。。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

細い?「銀座 かねまつ」ミススレンダー


f:id:scude:20170202111009j:image
店頭で試着して買える幅狭靴といえば、
B幅でデザインも選べる
「銀座 かねまつ」ミススレンダーが有名。
ネットで検索していると、よく見かけます。

 

かねまつなら、都内に店舗があるため、
靴を見に行くことにしました。


売場でミススレンダーを探していると
店員さんが声をかけてきたので
「幅の狭い靴を探しています」というと、
「うちの靴はどれも細目です」と。

 

普通の細いじゃだめなんだよなー
なんて思いながら
店員さんのすすめる靴を履いてみる。

 

はい。ぱっかぱかです。


で、ミススレンダー。

 

ぱかっ。


あらら。これもだめか…。

 

いくつか履いてみたのですが、
デザインによっては
履き口が食い込んだり。。

 

中でも足へのあたりがすくない、
スクエアパンプスが
一番足に合うようだったのですが
それでも、かかとが抜けてしまいます。

 

すると、店員さんが
「中敷を入れられます」と言って
いくつかの厚さのハーフインソールを
入れ替えたりしながら調整してくれました。

 

その店員さんも幅狭足で、
インソールで調整しているとのこと。


それでも、なかなかかかと抜けが収まらず、
ぱっつんぱっつんになるくらい入れたら、
なんとか足は動かなくなった。


迷いに迷った挙句、
再度調整も可能なことを聞いて、
購入を決定。


19,800円(税込)という価格を考えると、
もう少し冷静になってもよかったかなーと、
今になって思います。


黒のシンプルなパンプスだし、
高さもあまり感じないし、
雨の日も履けるし、いいかも、
と思っていたけれど。


つま先がぱつんぱつん過ぎて
歩くと、足の先がしびれる。

 

なので、再度調整に行きました。


前回対応してくれた店員さんとは
違う方が調整してくれたのですが、
ここまで入れてしまうと、
足指が動かなくなって
歩きづらいだろう、とのこと。


さらに、このパンプスは
雨用のソールを使用しているため
ソールの返りが悪いから、
それもかかとの脱げやすさに
影響していると言われました。

 

ソールの返りが悪いと歩きにくい、
なんて知らなかった!

 

 

歩くときはつま先で地面を蹴るため
靴がぐにっと曲がります。
そこでソールの返りが悪いと、
うまく靴が曲がらず
かかとがすぽんっ!と抜けるんですね。

 

私は歩き方が悪く、足のちからもないため、
しっかり地面を蹴ることができておらず、
この靴を買ったときは、
こういった「ソールの返り」の重要性なんて
全く知りませんでした。

 

雨の日も履けるなんて便利―!
くらいにしか思えなかった自分。
無知っておそろしいですね。


なるべく、足指周りには余裕ができるよう
調整してもらい、
まだ緩いような感じもしましたが、
その日はそれで良しとして、
引き取ってきました。

 

その後、外を歩くとやっぱり前すべりして
つま先がきゅうきゅうになってしまう。
捨て寸に足が入り込み、
指の上部分も擦れてしまうので、
このままでは履けませんでした。


この靴はその後、
中敷調整の専門店に持っていき、
調整していただきました。


現在でも、普通に履ける、とは言えませんが
もったいなくて捨てられません。
なんとか履けるようにしたいです。

 

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

イージーオーダーで自分だけの一足を?「FANTASTICSTUDIO」

f:id:scude:20170128190351j:image

自分にぴったりの靴だから
靴ずれができにくい、
パカパカしない!というネット記事を見て、
注文してみました。

作り直しも1回ならOK。
こちらの送料負担で何度でも調整可能。
という利点も注文に踏み切ったきっかけです。

ホソノのワイズCも広いようなので
思い切って、B幅で注文をしてみました。


シンプルラインパンプス 15,900円
アーチパッドを追加し、合計17,400円でした。 

 


f:id:scude:20170128190428j:image
届いた靴は、しっかりしていて
足を包み込むような感じ。
だけど、前すべりする。

 


f:id:scude:20170128190437j:image

左からホソノ22.5C、今回22.5B、マミアン22.0D

 

ホソノのワイズCよりも太いと感じるし、
見た目も太い。
とくに踵は、多いと言われているホソノより
さらに大きい。

 

カスタマーセンターに
「B幅で間違いないですか?」
と問い合わせると
「職人に確認もしたが、確かにB幅」
とのこと。

 

着用画像も添付し、
前すべりすることを伝えると
ストラップでの対応など提案されたのですが
それではオーダーで頼んだ意味がないので、
ワイズAに変更し、
甲のホールド感を上げるため、
履き口も1cm深くして、
再制作を依頼しました。

 

やりとりはすべて
メールで行っていたのですが、
最後に「Aワイズはお客様の骨格比率が
木型標準木型と異なる場合が多いため
ジャストフィットで合わせる事が大変難しく、
確約が出来兼ねます。」とのメールが来ていた。
どちらにしろ、今の状態では履けないので、
靴を送りました。


一か月後。つくり直された靴が送られてきた。
履いてみると確かに前よりは細く感じる。
けれど、やっぱり前に滑る。

履いて外を歩いてみたが、
これでは長時間履くのは無理と判断。

 

「あなたの足に合うまで、何度でも調整します」
とHPにあったので、やはり前すべりすることと、
どんな対処がありますか、と返品用紙に記載して
再度、靴を送ってみた。


受け取り確認のメールは来たものの、
前回のように、不具合の確認メールはなし。
不安に思っていると「靴を送りました」とのメールが。

靴を調整したのであれば、
詳細の連絡が来るはずなのに、と思い
届いた靴を開けてみると、
土踏まずと踵につけるパッドが同封されていました。

これは、何もされていない、ということ?

何もできなかったとしても、
「もうこれ以上は対処できないから
パッドを送ります」など
一言あってもよいのではないでしょうか。

HPにあった文言と、
実際の対処とのギャップに呆れてしまいました。

 

もう二度と注文することはないでしょう。


※現在は、リニューアルしてワイズはBからとなっています。が、ここの靴は明らかに幅が広いと思います。踵もかなり大きいです。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング