シンデレラシューズを探して

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

靴は売らない靴屋「シューフィット神戸屋」その2

 

 

 


f:id:scude:20170215112547j:image

今回も引き続き、
「シューフィット神戸屋」さんレポートです。

 

前回は、足の状態確認、
サイズ測定を行ってきたところまで記録しました。



測定後はさらに、
どうして色素沈着している部分が靴に当たるのか、
歩いているとき足がどうなっているのか
骨格模型と、筋肉の図解を見ながら解説していただきました。

 

こんな感じのものを使っていました。

 

https://www.towatech.net/images/product_images/000-0189_05.jpg

(画像参照:手技療法専門Towatech)


これ、すごくわかりやすい。
ここが痛いと言うと、こうなっているからだよと
骨格模型を動かして目で見ながら
痛みが出る理由を教えていただけるので理解が進みます。


 

靴って本来、正しく歩くための「道具」なんですよね。
メガネと一緒で、きちんと自分に合ったものでないと
体が壊れてしまう。

 

サイズを合わせた次に、デザインの選択が来るはずなのに
今は逆になっています。

 

f:id:scude:20170216194306j:image


難しいのは、メガネの場合、ほぼどんなデザインでも
視力を合わせたレンズを入れ込むことができるのに
靴は気に入ったデザインが
必ずしも自分の足に合うとは限らないこと。

 

さらに、サイズによっては、市販されておらず、
オーダーなど、高額になってしまうこと。

おそらく、幅狭足は増えているでしょうし、
インターネットなどで情報も行き渡り、
幅狭靴の需要は増えていくでしょう。
それに伴い、以前は高額だったメガネのように、
今後、靴の価格破壊が起きたりするんでしょうか。



さてさて。前置きが長くなりましたが
一通り足を見てもらったところで
持参した靴を見ていただく。

 


結論からいうと、全滅。

f:id:scude:20170216195018j:image

すべて高い靴ではないので、
買い直した方が良いだろうとのこと。
安物ばかりでお恥ずかしい。。


持って行った靴を見て、神戸屋さんが
「細い靴を探そうとしているのはわかる。
でも、全然合っていない靴よりも、
ちょっと合っていない靴の方が
足のトラブルが出やすいから
それで苦労しているんだね」と言われました。


少し前にシュープレモさんでオーダーしたパンプスは
前すべりしているのでそれも相談しました。
試着して、スタッフに見てもらって、調整までしたのに
合わない、ということは、サイズを間違っているのか。
また、試着会では22cmワイズAAも履いたのですが
明らかにきつかったことを伝えました。すると。
「試着会で買ったんだよね?見立てが甘いなぁ」と。(苦笑)


シュープレモさんはふまず長が長め(?)らしく、
私の場合、21.5cmワイズBではないかとのこと。
パンプスにできたシワを見て、
ここ(親指ボール位置の後ろ)に
横にシワができるってことは
ボール位置が合っていないってことらしい。

 

その場で(シュープレモさんの在庫がある!)
21.5cmワイズB、
22cmワイズAAを履き比べてみて、
やっぱり21.5cmワイズBだねといわれる。

 

それでも調整は必要だけど、
今持っている22㎝ワイズAより
手間をかけずにできるらしい。
うーん、悔しい。試着会で何度も確認したのに。

 

この「サイズ感」は、たくさん靴を履き比べて、
自分の感覚を鍛えならないとダメですね。
足への当たり具合や靴の中で滑っていく感じは
靴屋さんには見えないでしょうから。

 

シュープレモさんの他にも、幅狭パンプスで有名な
ショショットさんのパンプスも試着したのですが、
前滑りしていました。

これも、ジャストサイズは21.5cmワイズBではないか、とのこと。
ただし、ショショットさんはワイズBは作っていません。

 

私の足は、22.0cm、ワイズAですが、
もちろんメーカーによって、木型やデザインによって
使用する素材によってジャストサイズは変わってきます。

 

本当に靴のサイズ選びは難しい!


その3に続きます。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング