シンデレラシューズを探して

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

ホソノのレースアップシューズ、その後。

 

 

 

 

f:id:scude:20170131011406j:plain

 

実は、ホソノで靴を買ったのは、
2年ほど前になります。


2017年1月現在、
買ったときはきついと感じていた

ワイズCの靴が

私には広すぎたことがわかりました。
(靴下でも)

自分のように、
それまで細い靴を履いたことがないと、
きついと感じた靴よりも、
もっと幅の狭い靴が本来のジャストサイズ
ということもあります。 

本来、下したての靴は「慣らし」が必要で、
すぐに長時間履ける靴は緩いんだそうです。

 

某靴屋さんでは、
オーダーした靴を引き渡すとき、
周辺を歩いて試し履きしてくるように
言われるそうです。
足が痛くなったとき用の
ショートカットコースも教えてくれて。

 

で、何事もなく歩いて帰ってくると、
ものすごーく嫌な顔をするんだそうです。

新品の靴で普通に歩けるということは
「その靴はその人の足に合っていない」
(緩い)ということだからだそう。 


私が、ホソノの靴を買ったときは、
この「慣らし」を知らなかったため、
すぐに履けて、足が痛まない

ちょっと大きめの靴を買ってしまいました。
 
ただ、それまで履いていた
ゆるゆるのサイズから、
一気にジャストサイズまで
幅を狭めてしまうと、痛みや窮屈感から
その靴が嫌になることもあるかと思います。
なので、「幅狭靴ステップ1」として、
この靴を買ったことは後悔していません。

 

この靴はその後、
アンドステディさんで
中敷をつくってもらい、
現在でも履いています。
(もちろん、ホソノさんでも対応いただけます)

 

サイドジッパーで
着脱しやすいこともあり、
今、一番活躍している靴です。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング