読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

幅狭足さんのブーツ選び。

ブーツ。それは幅狭足さんにとって

選択肢が広がる唯一の靴。

 

足を抑える面が大きいことと、
大きな中敷などを入れても外から見えにくい。
だから、調整しやすく脱げにくい。

 

私は10年、ずっと履いていた黒のブーツがありました。
手持ちの靴の中ではぴったりの方だと思っていたのですが
幅狭靴を履き始めると大きく感じます。
ま、EEなので、実際広すぎるのですが。

 

ただ、幅狭のロングブーツを出しているところは限られます。

・銀座ヨシノヤ ホッソリーナにC幅のブーツあり
・ACE C幅のブーツあり。新宿高島屋で取扱いあり
・カルッツェリアホソノ デザインによってはA幅からあり。かかと大き目
・タルタルガ オーダーなのでサイズはOK、ただし10万超


そう、ロングブーツは
ショショットにも、シュープレモにも、アンドステディにもない!


まずは、新宿高島屋へ。
ACEのブーツを探していると、晴雨兼用素材のブーツを発見。
でも、これしかない。

 

甲を覆う部分も含めセンターに縫い目が入っているデザインで、
ブーツはこのタイプが多いのですが、
私はこのデザインが好きではありません。
個人的にデザインにピンと来ず、ヨシノヤの売場へ。

 

ヨシノヤの売場で「ホッソリーナのブーツはありますか?」
と聞くと、「ホッソリーナは銀座本店にしかない」との返事!
日を改めて、銀座に向かうことに。

 


銀座ヨシノヤ。ホッソリーナの階へ。
狭い売場ながら人が多い!
声をかけても「少々お待ちください」と。
他の人も待っていたようで、少し待ってブーツの試着をお願いする。

 

ブーツは2種。各2色。
そのうちのシンプルな黒のロングブーツを試着。
足は入ったが…ふくらはぎが入らない!

 

すると店員さんが「革は伸びますから!」と
ぐいぐい肉を押し込んで、ジッパーを上げてしまった!

 

これでもいいかな、と思ったものの、
足首周りのフィット感が気になったのと
他のブーツも確認したくなり、また来ます、と店を後に。

 


最後は、カルッツェリアホソノ。
ただし、22.0はA幅はありません。


訪問したのは、12月中旬でしたが
セールが始まっていました!
セールを行っていることもあり、
すでにサイズがなくなっている靴も。

 

f:id:scude:20170329135607j:plain

(画像参照:カルッツエリアホソノ)

一番ほしいと思っていたブーツは、
22.0㎝はC幅。22.5㎝のB幅は売切れ。

 

 

f:id:scude:20170329135652j:plain

(画像参照:カルッツエリアホソノ)

デザインが一番気に入ったブーツは
22.0cmがあるもののやはりC幅。

 

 

f:id:scude:20170329135753j:plain

(画像参照:カルッツエリアホソノ)

スエードのブーツも履いてみましたが、
こちらは、A幅は23.0㎝から。
22.0㎝はC幅。

 

 


一応、すべて試着してみましたが、
どうにもこうにも、かゆいところに手が届かない。

 

すると、中敷で調整を勧められました。

 

中敷は最後の手段にしたいと思いつつ、
セール価格だし、もうすでに最後の手段かも、と決意し
とりあえず、デザインが気に入ったものに
中敷を入れて履いてみました。

 

かかとが大きいのはどうにもなりませんが、
ブーツだからこそ、甲の部分の押さえが効いて
前に滑ることはなさそう。

 

ふくらはぎのジッパーが閉まらないというのが
ここでも起きたのですが、ヨシノヤの経験から
「なんとかなる」とこは分かっていたので購入を決意。

 


f:id:scude:20170329142923j:image

私はこうしてブーツを手に入れました!
セール期間中だったので、
思ったよりも安く上がったことが何よりの収穫。
大事に履いていこうと思います。

 

後日談。
現在、このブーツは冬に大活躍しています。
不満を挙げるとしたら、試着のときに気になった
かかと周りが大きいことくらい。
デザインが上品なのと、ふくらはぎにぴったりなので
とても足がきれいに見えます。

 

キレイ目のブーツは、ふくらはぎ周りに余りがない方が
素敵に履けると思います。
革は伸びるので、購入時はギリギリ入るかどうか
くらいでもよいかもしれません。

ただし、浮腫みやすい人は要注意。
私はたまにジッパーが最後まで上がらないことがあります。

 


さらに。このブーツを買った後、
ポディアさんでもブーツを扱っていることがわかりました。

 

f:id:scude:20170329140138j:plain

(画像参照:ポディア)

価格変更なくでAA幅まで作っていて、ロングカウンターの作り。
ぜひ、試着してみたい!

 

今年はここで一足作ってみたいと思っています。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

お手数ですがクリックいただけると嬉しいです。

初ロコンド。「ファビオルスコーニ」のウイングチップ

ロコンド、という靴の通販サイトがあります。

 

一時はテレビCMもやっていたので、
以前から見かけていて気になってはいたのですが。

 

ロコンドは、幅指定でも検索ができる、
日本では数少ないサイトなのですが、
さすがにA幅だと選択肢が少ない。。
私の足長が22cmということもあるとは思いますが。

 

なので、登録はしたものの、
買い物をすることはありませんでした。

 

ただ、ロコンドの売りの1つである
試着して買える、定価であれば返送料が無料
という利点に気が付いてから
ちょくちょく、サイトを覗くようになったのです。

 

f:id:scude:20170323144644j:plain

その中で見つけたのが、FABIO RUSCONI
イタリアの靴です。
幅の記載はありませんが、
やや幅狭い足の人がブログにのせていたのを思い出して。
ラインナップを見て、デザインは気に入ったものの、
価格と、そのサイズ感に不安があり、ぐじぐじと迷っていました。

 

セールで安くなったタイミングで、えいやっと購入。
が!やっぱりでかかった…。

 

幅はある程度、仕方ないなと諦めていたところがあるのですが、
足長も大きい。これ、23cmくらいじゃないでしょうか。

 

サイトには、『35.5/22cm』と表記があったので、
33.5って、22.5cmくらいじゃないのかな?
FABIO RUSCONIは、小さめなのかな?
と思っていたのですが、そんなことなかった…。

 

返品するのも面倒だし、レースアップだから、
中敷で対応できるかと思い、今回は購入することに。

 

ただ、気になったのが全体的につくりが簡易的で
定価なら絶対買わないかな…と思ったり。
カウンター(靴のかかと周りの芯材)も短いですし。

 

このへんはやっぱり実物を見て、試着してみないとわからないし、
その点、ロコンドは試着できる、返品できる(セール品は送料がかかる)
ところがよいかな、と思っていました。

 

なので、サイズ感、質感含めて辛口のレビューを書いたのですが…。


消された!

 

ちょっと、印象が悪くならざるを得ない…。
自宅で納得のいくまで試着できる、というのは
かなりいいことだとは思うのですが。

 私は、今後の購入はちょっと控えようかと思っています。

 

 

定価の商品は返送料無料なので、
なかなか試着する場所がない海外ブランドなど
気になる靴を試してみるにはいいかと。


使い方によっては便利なサイトだと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

お手数ですがクリックいただけると嬉しいです。

「アンドステディ」 レースアップ 受取編


f:id:scude:20170320172401j:image
オーダーした靴がとうとう出来上がりました!

 

オーダーに至るまでの過程はこちら。

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

 

さっそく足を入れてみます。うん、きつい。

 

でも、革はなじんでいくので、これくらいがちょうどいいとのこと。
あと、クロコの型押しを選んだので、
カーフに比べ革が固いのもあるらしいです。

 

ただし、踵がぴったりでこれはびっくり。
きついけど、痛くない。
ここまでのフィット感は今までありませんでした。
さらに踵周りに厚いスポンジが入っていて、
これもフィット感に影響しているのかもしれません。

 

また、私は踵の骨(?)が出ているため、神戸屋さんでも
「足に合う靴を見つけても、最終的にここは当たると思う」
といわれていたので、
靴下履きとはいえ、ここが当たらないのはかなりうれしい。
これはスポンジがクッションになっているものと思われます。

 

踵周りのクッションは、
入れることに賛否両論あるようですが
この靴と私の足の組み合わせでは有効なようです。

 

靴を受け取った後、何度か履き慣らしをしています。
正直、この靴は他の靴と比べて、
履き慣らしに時間がかかりました。
フィット感が上がると、
それだけ靴と足の隙間に余裕がなく、
痛みが出やすいのだと思います。

 

現在。履き心地はいいです。
ただ、靴ひもを締めすぎると甲に当たるし、
(これはおいらが甲が高いのもある)
緩すぎると前に滑る。このへんは慣れかな、と思います。

 

ちなみにアンドステディさんでは、
靴を受け取ってから3ヵ月は無料調整してくれます。

 

今回の費用ですが、
私の場合、33,000円+5,000円(レースアップのため)が靴代。
これに中敷きや、簡単なウォーキングレッスンを
別料金でつけました。

もう一足欲しい、と思うけれど、色は変えられても、
デザインはバリエーションがないので迷うところ。

 
f:id:scude:20170320175054j:image

あと、ホソノのC幅の靴に調整をいれてもらい
靴の中で足が泳ぐのが治まりました。

 


f:id:scude:20170320173337j:image

さらに、スニーカー用の矯正中敷きも
つくったのですが、これはかなりキツいです。
慣れるまで足が痛い。。

 

いまは、
・アンドステディ レースアップ白
・ホソノ レースアップ黒
・スニーカー
この3足を履きまわしています。

 


アンドステディさんに対する雑感。
トレンドを意識して、季節ごとに新作の革を発表しているのと、
各ウイズに対し、踵小さ目の木型が用意されている点はすごい。
私の場合、小さすぎたので、幅貼り対応ですが、
加工代は取られていません。

 

あと、私は足が内に倒れているので、
中敷きでその対応もしてもらった。
今まで履いていたパンプスの履き口が広がるのはそのせいとのこと。
だから余計にパンプスが脱げやすくなっていたらしい。
こういう、「足のくせ」も考慮してくれるので、
信頼してお任せできます。


最近、ウイズAAAAの木型、ハーフブーツ、ブーティ、サンダルが発売開始。

今後、ローファーを発表予定とのことなので、
引き続きチェックしていきたいと思います。

 


後日談。
神戸屋さんで、アンドステディさんの試着会に行ったこと、
今までで一番足に合ったことを伝えると、
アンドステディの靴が合う人は、ショショットは合わない、
さらに、アンドステディの靴が合って、
さらにシュープレモを兼用できる足は半数くらいとのこと。
同じウイズAでも、木型によって合う合わないはある、とのことでした。
ふひー。むずかしー。

 

以上、靴レポートでした。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

「アンドステディ」レースアップ オーダー編

前回、体験会でサイズを測定し、パンプスを試着。
今までにないぴったり感を体験し、
一足つくってみようと決意。

 

さらに、ホソノのレースアップも中敷調整したいのと、
前回、試着会で歩き方を指摘されたため、
ウォーキングレッスンもしたい。

それらをメールに記載して、
メニューを組んでいただきました。

 


まずは、靴のオーダー。
レースアップが欲しいことを伝え、
さらに「靴下着用で履きたい」と希望を伝えます。

 

パンプス用のサイズは、22.0cm、A幅でしたが、
靴下を履くなら、22.5㎝、幅はBがよいだろうと言われました。

 
f:id:scude:20170313004731j:image

近いサイズのレースアップのサンプルを履いて確認し、
(どんぴしゃのサイズがなかった)革を決めます。
この試着したデザインも素敵です。

 


これまで何度もHPの革サンプルやオーダー事例を見て
悩みに悩んだにも関わらず、
実物の革サンプルを見ると迷う。

 

オーダーには、想像力もデザインセンスも必要だなと
実感させられました。
コンビにするなら色の組み合わせと色の分量など
これでいいのか…とかなり迷います。

 

 

シュープレモさんは、webシュミレーションができるので
まだイメージがつかみやすいのですが、
市販の靴を見て欲しい!と思ったものなどは
画像をストックしておくといいかと思います。


なんとか革を決めて、帰ろうとしたところ。

オーナーの小野崎さんが私のカルテを見て、
「B幅は危ない」と、引き留められました。


というのも。
私の足幅はA幅ではあるけれど、かかとの幅はAA。
靴下を履いても、B幅ではかかとが緩いのでは?
ということでした。
この指摘は、過去のデータの蓄積があってこそ。

 

靴は履いてみないとわからないので
細かい調整がきくオーダーだと、そのあたりがむずかしい。
とくに今回、22.5㎝のB幅、A幅ともに
試着できたわけではないのです。

 

超感覚の世界。

 

もう一度、靴下を履いた状態でサイズを測り、
22.5cm、A幅で幅張り(ボール部分を広げる)
というオーダーになりました。

 

受け取りまで1か月。
ホソノの中敷調整も、ウォーキングレッスンも
靴受取時に、ということでした。

 

シューズ受取編に続きます。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

「銀座かねまつ」のセミオーダー クチュリエってどうなの?

シューフィット神戸屋さんで足を見てもらったときに
「たくさん履いてみて、自分で靴の感覚をつかむしかない」
と言われたので、ここならば、いろいろ試せるかな、と思い
恐る恐る行ってみました。
(なんだか、”オーダー”って断りにくいかも、と思ったので)

 


f:id:scude:20170308123053j:image

(画像参照:銀座かねまつ)

 

銀座の本店で、エレベータを上がると
人の少ないフロアに出ます。

デザインサンプルが並び、セミオーダーだったら幅狭足でも
こんなにいろいろなデザインで作れるのかと心が踊ります。


店員さんに声をかけられたので
オーダーを検討していることを話し、
足のサイズを測ってもらうことに。

 

アルカさんのように手作業で
フットプリントを取ることはなく
箱型の測定装置に足を入れ、
ウイーンと自動で計っていきます。

 

データをみると、C幅となっていました。
まあ、体重をかけた状態なのでそれくらいになることは、
シューフィット神戸屋さんに行ったことで考慮済みです。

 

ちなみに、かねまつのミススレンダーでは
幅が広すぎて前すべりしたことを伝え、
ワイズB、A、そしてAAも履いてみたのですが、
全部前すべりする…。

 

店員さんがハーフインソールなどを詰めてくれたのですが
いかんせん、かかと周りが大きいので
インソールではどうにもならない。

 

私の足には合わないと判断し、
諦めます、と伝えてお店をあとにしました。


f:id:scude:20170302233050j:image
測定したデータをいただきました。


エレベータまで送ってくれた店員さんと話したのですが、
その方もかかとが小さいらしく、パンプスはほぼ履かないとのこと。
かかとのフィット感に左右されない
バックストラップかレースアップばかり履いているということです。

 

靴屋の店員さんですら、こんな状況。
かねまつさん、もっとかかと小さ目の靴、
作ってくれないですかね。
デザインが素敵なだけに、残念でなりません。

 

クチュリエでは、店頭に並んでいるものや、
これまでに発売されたデザインも
木型が残っていれば作ってくれるそうなので、
B~C幅あたりの方、かかとが普通の大きさの方にはよいかもしれません。

 

B~C幅でも、普通の靴屋さんではほぼ見かけませんので、
貴重な靴屋さんであることにはかわりありません。
気になる方は、怖がらずに一度足を踏み入れてみてもよいと思います。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

幅狭足さんの救世主「アンドステディ」体験会

シューフィット神戸屋さんに行ったときに、
幅狭靴を買えるお店リストをいただきました。

 
f:id:scude:20170302232826j:image

こんな感じで、試着したサイズも記載してくれます。

 

その中にあったのが「アンドステディ」さん。

 

靴を売るだけでなく、

中敷、足のテーピングや、歩き方も含めて
足周り全般をケアしてくれるサロンです。

 

ただ、きちんと足を測定して靴をつくって
さらに自分の足に合うようインソールもオーダーすると
まあ、いい金額になるわけです。

 

なので、二の足を踏んでいたところ、
足の測定をして、靴が試着できる
「体験会」があるということを知りました。

 

有料で靴の試着をすることに、
抵抗がある人もいるかもしれませんが、
測定代だと思うといいかもしれません。
その他にも、気になっている足の悩みなど
相談もできるので、代金分の価値はあるかと。

 

ちなみにその後、靴をつくったときに
この体験会代分を測定代として割引してもらえました。
もし、靴をつくるのであれば参加して損はないです。

 


さて、私が測定会に行ったときは、
全部で6人ほどの女性が集まっていました。
みんなそれぞれ、合う靴がなくて困っている人たちです。

 

まずは、どんなことに悩んでいるのか自己紹介。
中には「靴をオーダーメイドしたのに前すべりしました」という人も。
靴のことは分かっていても、
足のことがわからない場合には起こりうるそうです。

 

オーダーはこれが怖いんですよね。
高い金額を払っても合うかどうかわからないと
自分のような薄給の人間には厳しいです。。


自己紹介の後は、順番にフットプリントを取って、
サイズを測定していきます。
アンドステディさんでも、神戸屋さんと同様
加重と非加重両方測定しました。
足を見た瞬間、「内反小趾だね?ここ(小指側)当たるよね」と。
はい。そのとおりです。

 

さらにぎゅっと足をつかまれます。
神戸屋さんでは開帳足と言われましたが、
アンドステディさんでは「そうでもないね」と。

 

隣に座っていた人は、EEEの靴を履いていましたが、
「ギュッとつかむとどんどん締まっていきますね。AA以下かも」
と言われていました。ひえー。

 



f:id:scude:20170302232206j:image
私の測定の結果は、
「22.0㎝、A幅がぴったり」との見立て。

 

シュープレモさんやショショットさんの22.0㎝、A幅が
足に合わなかったことを伝えると、
「測定数値は、基準値とそう離れていないはず」と言われる。

 

実際に22.0㎝、A幅を試着をしてみたところ、
今までにないぴったり感。
アンドステディさんの靴は、これがジャストサイズということ。


ちなみに今回の体験会は6人いて、全員A幅以下。
A幅の私が一番広い(!)くらい。
それは、アンドステディさんが幅狭靴をつくっているとの
情報が行きわたっているせいでしょうね。

 

ちなみに希望すれば、
この時の足のデータのコピーをいただけます。


その場で、靴を注文しても、
じっくり悩んで後日注文でもOKです。

 


f:id:scude:20170302232530j:image
 私はレースアップが欲しかったので、
靴と革のをサンプルを見せてもらって帰宅。


それから、ネットで何度も
革とデザインサンプルを見る日々。
迷いに迷った挙句、注文することにしました。

 

オーダー編へと続きます。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

クリックいただけると嬉しいです。

Amazonで買えるA幅パンプス「ラブシュートリア」

f:id:scude:20170202142017j:plain

(画像参照:Amazon)

 

Amazonで足幅検索ができることを知って
まずは検索してみました。
(靴によっては幅の記載がないものがあり、その靴は検索には引っかかりません)

 

すると出てきたのが「ラブシュートリア」。

 

届いた靴は、かわいい箱に入っていました。
(写真を撮り忘れたのが悔しい)

 

さらに写真でみるより
実物の方がデザインがかわいい。

 

足を入れてみる。

 

すぽっと入る。ちょっと大きいかな。

足を入れた直後は、ゆるみはないけれど
歩いていると前にすべっていく。

 

 

中敷で対応できないこともないけど…
今回は返品することにしました。
A~B幅くらいの方にはよいかもしれません。

 

 

Amazonはセール価格でも
返品送料無料なのが嬉しいところ。


ただ、Amazonの配送は、いろいろと問題になっており、
今後、送料無料の返品は取りやめになる可能性も大きいと思っています。
気になる靴は今のうちに試し履きしておくのがよいと思います。

 

なにより、幅狭靴でデザインのよいものが
普通に買えるブランドは、かなり貴重だと思います。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング

(2016.3.3画像のリンク先など追記しました)