シンデレラシューズを探して

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

シューフィット神戸屋 中敷再調整

 

 

 

靴は、履いて、歩いてみないと分からない。

 

f:id:scude:20170208175928j:plain

以前、シューフィット神戸屋さんで足を見てもらい、
シュープレモさんの靴を中敷調整していただきました。

 

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

 

その後、履いてみると、こんなトラブルが出ました。

 

  • 足のつま先がしびれる(前すべりしている?)
  • かかとの外側が当たって靴擦れができる

 

神戸屋さんでは無料調整期間があります。
それを利用して再調整をお願いするのと、
新たにもう一足、
かねまつのパンプスも調整してもらうことに。


が!
とにかく空きがない。
一人でやられているので、仕方がないとは思いつつ。
無料期間のうちに一度は直してもらいたいな…と
平日、時間をつくって行ってきました。

 


現在感じている不調と、当たる場所を伝えて
細かな調整をしていただきます。

 

かかとの当たりについては、
私の足の骨が出ているらしく、
かかとにぴったり合わせればどんな靴でも
ここが最終的に当たるようになってしまうとのこと。

 

ただ、新しい靴ということもあり
より、なじむように皮をもむことで
当たりを弱めていただきました。

 

内反小趾のため当たる小指の付け根も
ポイント伸ばしで調整。
全体を伸ばしてしまうと前すべりの原因になるので
ここは慎重に。伸ばしすぎず様子を見ながら、とのこと。

 

今回持ち込んだ靴がエナメルなので
余計になじむまで時間がかかるのでしょう。

 

中敷は、きれいに戻してくれるので、
靴は脱いでもほとんど目立ちません。

 

ためし履きして、終了。
あとは、外で履いてみてどうなるか。
様子を見たいと思います。

 

 

かねまつのミススレンダーは幅狭靴ではなかった!

f:id:scude:20170202111009j:plain


次に、かねまつさんのパンプス。
時間がギリギリだったのですが、
「なかなか予約取れないもんねー。やっちゃうよ」と。
ありがたいことです。

 

かねまつのミススレンダーに関しては
「これ、細くないんだよねぇ」と。

 

他の幅狭靴と比べると、
明らかに太いんですよね、横幅もかかとも。
で、中敷を外すと、厚いスポンジが敷いてあります。

 

神戸屋さん曰く、
「これ、D幅なんだよね。
それに厚い中敷を敷くことでB幅として売っている。
足の周囲の長さは確かに小さくなっているけど、
薄くなっているだけで幅は狭くないんだよ」

 

なんと!
どおりで売場で試着したとき
前すべりが止まらなかったわけだ!

 

本来であれば、A幅の人にD幅の靴の調整は
勧めないそうです。
さすがに、4サイズの幅だと
”足にぴったりの履き心地”にはならない。
脱げはしない程度かな、と。

 

「でも、これが履きたいんだよね」
と、調整を引き受けてくれました。

 


f:id:scude:20170607104522j:image

中敷をかぶせているので調整の跡は分かりにくいです。


f:id:scude:20170607104528j:image
近づいても、土踏まず周りがやや見える程度。

 

前すべりは治まりました。
が、やや不安が残る…。
ただ、履いて長時間歩いてみないことには
判断がつかないので、今回は持ち帰ることに。

 

サイズ選びは慎重に。でも、まだまだ難しい。

f:id:scude:20170215112547j:plain


やはりサイズ選びは大切ですね。
とくに「かかとまわりはどうにもならない」と言われたので、
かかとの大きすぎる靴はどんなに欲しくても
買うのを控えようと思いました。

 

足に合わない靴は、履くたびに違和感が出るため、
気がつけば履かなくなっている。

 

今はそう思えるのですが、
履ける靴が少ないと、とにかく数が欲しくなってしまう。
とくに、”自分のサイズがわかり始めたとき”は要注意です。

 

自分に合った靴は、
素材によって履き慣らしに時間がかかることがあります。
ぴったりの靴を履きなれていないので、

  • どこが合っていないのか
  • 調整は可能なのか、
  • 調整したとしてどこまでぴったりに近づけるのか

の判断がつきにくいです。

 

ひとつひとつの靴を大事に履いて
少しずつ調整しながら、感覚をつかんでいくしかなさそうです。