シンデレラシューズを探して

シンデレラシューズを探して

幅狭、小足の私がぴったりの靴と出会うまで。

「アンドステディ」 レースアップ 受取編

 

 

 


f:id:scude:20170320172401j:image
オーダーした靴がとうとう出来上がりました!

 

オーダーに至るまでの過程はこちら。

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

cinderella-shoes.hatenadiary.jp

 

 

さっそく足を入れてみます。うん、きつい。

 

でも、革はなじんでいくので、これくらいがちょうどいいとのこと。
あと、クロコの型押しを選んだので、
カーフに比べ革が固いのもあるらしいです。

 

ただし、踵がぴったりでこれはびっくり。
きついけど、痛くない。
ここまでのフィット感は今までありませんでした。
さらに踵周りに厚いスポンジが入っていて、
これもフィット感に影響しているのかもしれません。

 

また、私は踵の骨(?)が出ているため、神戸屋さんでも
「足に合う靴を見つけても、最終的にここは当たると思う」
といわれていたので、
靴下履きとはいえ、ここが当たらないのはかなりうれしい。
これはスポンジがクッションになっているものと思われます。

 

踵周りのクッションは、
入れることに賛否両論あるようですが
この靴と私の足の組み合わせでは有効なようです。

 

靴を受け取った後、何度か履き慣らしをしています。
正直、この靴は他の靴と比べて、
履き慣らしに時間がかかりました。
フィット感が上がると、
それだけ靴と足の隙間に余裕がなく、
痛みが出やすいのだと思います。

 

現在。履き心地はいいです。
ただ、靴ひもを締めすぎると甲に当たるし、
(これはおいらが甲が高いのもある)
緩すぎると前に滑る。このへんは慣れかな、と思います。

 

ちなみにアンドステディさんでは、
靴を受け取ってから3ヵ月は無料調整してくれます。

 

今回の費用ですが、
私の場合、33,000円+5,000円(レースアップのため)が靴代。
これに中敷きや、簡単なウォーキングレッスンを
別料金でつけました。

もう一足欲しい、と思うけれど、色は変えられても、
デザインはバリエーションがないので迷うところ。

 
f:id:scude:20170320175054j:image

あと、ホソノのC幅の靴に調整をいれてもらい
靴の中で足が泳ぐのが治まりました。

 


f:id:scude:20170320173337j:image

さらに、スニーカー用の矯正中敷きも
つくったのですが、これはかなりキツいです。
慣れるまで足が痛い。。

 

いまは、
・アンドステディ レースアップ白
・ホソノ レースアップ黒
・スニーカー
この3足を履きまわしています。

 


アンドステディさんに対する雑感。
トレンドを意識して、季節ごとに新作の革を発表しているのと、
各ウイズに対し、踵小さ目の木型が用意されている点はすごい。
私の場合、小さすぎたので、幅貼り対応ですが、
加工代は取られていません。

 

あと、私は足が内に倒れているので、
中敷きでその対応もしてもらった。
今まで履いていたパンプスの履き口が広がるのはそのせいとのこと。
だから余計にパンプスが脱げやすくなっていたらしい。
こういう、「足のくせ」も考慮してくれるので、
信頼してお任せできます。


最近、ウイズAAAAの木型、ハーフブーツ、ブーティ、サンダルが発売開始。

今後、ローファーを発表予定とのことなので、
引き続きチェックしていきたいと思います。

 


後日談。
神戸屋さんで、アンドステディさんの試着会に行ったこと、
今までで一番足に合ったことを伝えると、
アンドステディの靴が合う人は、ショショットは合わない、
さらに、アンドステディの靴が合って、
さらにシュープレモを兼用できる足は半数くらいとのこと。
同じウイズAでも、木型によって合う合わないはある、とのことでした。
ふひー。むずかしー。

 

以上、靴レポートでした。

 

 

 ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング